インフルエンザ予防に口腔ケアが効く!!

みなさんこんにちは(*^_^*)

広島市安佐南区緑井にあります、きよはら歯科クリニック、歯科助手の岡本です。

12月に入り、寒さも厳しくなってきましたが、体調を崩されていませんか?

今回は、寒い時期に流行する「インフルエンザ」の予防についてお話しいたします。

一見、お口とインフルエンザは関係ないように思えますが、そこには密接な関係があります。

インフルエンザ予防に、口腔ケアが効くというということをご存知ですか?

お口の中には、常にたくさんの細菌が存在していますが、歯磨きや歯間ブラシ、デンタルフロス(糸ようじ)などの口腔ケアを怠っていると、その数はあっという間に増加します。実は、この細菌がインフルエンザに大きく関係していることがわかってきました。

1.インフルエンザに感染しやすくなる

インフルエンザはウイルスによって感染します。実は、口の中の細菌が吐き出す酵素の中には、こうしたウイルスを粘膜の中に侵入しやすくするものがあります。つまり、口腔ケアができていない細菌が増えた状態では、確実にインフルエンザにかかる可能性は高まります。

2.ウイルスが増殖!!薬が効きにくい!!

お口の中の細菌が作り出す酵素の中には、なんとウイルスそのものを増殖させる酵素もあります。これはインフルエンザの悪化につながるだけでなく、薬のききまでも悪くしてしまいます。このように、お口の中の細菌はインフルエンザと密接な関係があるのです。

3.インフルエンザの発症率が10分の1に!!

ある介護施設で、口腔ケアをしっかりと行った結果、通常の介護施設に比べインフルエンザ発症率が10分の1になったという報告もあります。

うがい・手洗い・口腔ケア。まずは、この3つをしっかり行って、インフルエンザ予防を心掛けましょう!!

より効果的な口腔ケアの方法については、お気軽に当院の歯科衛生士までお声掛けください。

しっかり予防して、寒い冬も元気に過ごしましょう(●^o^●)

歯科の麻酔について

こんにちは!きよはら歯科クリニックの受付、歯科助手の谷口です。

今日は当院で使用している歯科の麻酔についてお話しします。

歯科での麻酔と聞くと、苦手で嫌だなと思われる方も多いと思います。

しかし、手術や痛みを伴う処置などの際には、その痛みや精神的苦痛を取り除くために麻酔が必要となります。

歯科の麻酔は歯茎に注射をして行います。

正式には「局所麻酔」と言います。

局所に麻酔薬を作用させて一時的に感覚を麻痺させる方法です。

局所麻酔は以下の3つの方法に分類されます。

◇表面麻酔…麻酔薬を歯茎に塗って表面の感覚を麻痺させる方法です。表面麻酔を塗ったあとで注射をすると歯茎の表面がしびれて、ずいぶんとラクになります。

◇浸潤麻酔…痛みをとりたい部分の歯茎に麻酔薬を注射し、液体を染み込ませ、感覚を麻痺させる方法です。

◇伝達麻酔…神経を伝達する経路の途中に麻酔薬を作用させることで、その支配下にある神経全体を麻痺させる方法です。比較的麻酔が効きにくい下顎の奥歯や、体質的に麻酔が効きにくい人に用いられます。

このように必要に応じて麻酔を行うので、歯科治療に麻酔は不可欠です。

当院のドクターは、なるべく痛くないようにゆっくり時間をかけて麻酔を行うので、痛みが少ないと言っていただくことが多いです。

なるべく痛みを軽減できるように細心の注意を払いますが、緊張や不安が大きいと痛みに敏感になってしまいます。痛みを感じない一つのポイントとして、リラックスしてお越し頂けたらと思います(^^)

気になることがあれば、何でも聞いてくださいね!

オススメの歯磨き粉

皆様こんにちわ(^O^)/
安佐南区緑井にあります、きよはら歯科クリニックの歯科衛生士の宗本です(●^o^●)

今回皆様にお話しする内容は、歯磨き粉についてです。普段歯磨き粉を使用して歯磨きをされている方も多いと思います。歯磨き粉を選ぶ基準は、人それぞれだと思いますが、歯科衛生士(歯磨きのスペシャリスト)である私が個人的にオススメするのは、ずばりフッ素の含有量が多い歯磨き粉です!!!!

当院で取り扱っている歯磨き粉は主に5種類あり、その中で私が使っているのは『ライオンのCheck-UP Standard』という商品です(*^U^*)

ライオンのCheck-UP Standard』のフッ素の含有量は、今まで950ppmFでした。

ppmFは濃度を表す存在単位です。

 厚生労働省で以前まで日本における歯磨剤(歯磨き粉)のフッ素化物濃度は1000ppmF以下に設定されていました。
ですが、2017年3月17日より歯磨き粉のフッ素化物濃度の上限が1500ppmFまで引き上げられたのです!!!

それにより『ライオンのCheck-UP Standard』という商品のフッ化物の含有量も1450ppmFに増えました♪

こちらの歯磨き粉の量も120gから135gへ増えました☆たくさん入って590円とお買い得です(^v^)
フッ素濃度が高いので6歳以下の小さなお子様は使用せずに、また手の届かない所へ保管してください!
お子様の誤飲によるフッ素中毒防止の為です。
フッ素についてはまたお話しします☆***

お子様には、『ライオンのCheck-Up KODOMO』というお子様向けの商品があります(●^o^●)
フッ素濃度は950ppmFと大人向けの商品よりも低いですが、こんなに種類があるんです♪

お子様のお気に入りの味をみつけてあげてください(^_-)-☆

歯磨き粉をご購入の際は、フッ素濃度にも注目してみてください**新しい発見があるかもしれません☆

本日紹介できなかった歯磨き粉も、後日のブログにて紹介いたしますので、お楽しみに☆

 

 

ホームジェルについて

こんにちは。
安佐南区緑井にあります きよはら歯科クリニック受付、歯科助手の古川です。

11月に入り、ますます寒くなってきました。体調管理には睡眠が大切と言われていますが同じ位に歯みがきも大切です。本日はご家庭でできるフッ素習慣の「ホームジェル」について紹介させていただきます。

歯科医院でのフッ素は3ヶ月に1回の塗布をお勧めしていますが、ホームジェルに入っているフッ素は歯科医院で使用しているフッ素と比べて濃度が低いため毎日使えます。むし歯の発生と進行を抑える確率は1週間に1度以下使用した場合は34%、毎日使用した場合は98%となっており、毎日使う事で効果が上がる事がわかりますよね。又、味がグレープ、レッドベリー、オレンジ等あり、お子様が好きなフレーバーが沢山あるのと泡立ちを抑えているので吐き出しが少なくてすみ、お子様に使いやすくなっています。

ホームジェルの効果的な使い方は

1.いつものように歯みがきをする。

2.歯ブラシにホームジェルをのせ、すべての歯にいきわたるように軽くみがく。

3.うがいはせずに軽く吐き出す程度。フッ素を定着させる為に30分間はうがいや飲食は控える。です。

毎日の歯みがきにホームジェルを追加してむし歯になりにくい強い歯を作りましょう!
ご購入の際は受付にお声掛け下さいね。ご来院お待ちしております(o^―^o)

口腔内写真撮影について

こんにちは、安佐南区のきよはら歯科・歯科医師の村岡です。
気温がぐっと下がった影響か、体調を崩されている患者様をちらほらお見かけします。
免疫力が下がることに伴って歯ぐきが腫れたり、口内炎ができたりとお口の中に不調が出てきている方もいらっしゃいます。
何か気になることがあれば、定期健診・治療の際に遠慮なく聞いてくださいね。

さて、今回は先日参加させていただいた歯科医師向けのセミナーにおいて学んだことをお話しさせていただきます。
このセミナーは全12回にわたって開催されるものなのですが、第1回目は
『包括的歯科治療とは何か』
また、それを実践するための基礎資料の1つである
『口腔内写真撮影』
について学びました。

当院に通院されている患者様のほとんどが歯科衛生士による検査を受けられているかと思います。
その検査項目の1つに『口腔内写真撮影』があります。
突然顔写真を撮られて驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、この検査は患者様にとっても、私たちにとっても意義のあるものなのです。

まず、当院で撮影しているものは規格をもった口腔内写真で、治療前・治療途中・治療後に撮影することでその変化を比較することができます。
患者様にとっては、”こんなに歯ぐきがひきしまったんだ” ”黒かった歯がきれいになった” ”元の状態に戻らないようにメインテナンスも頑張ろう”といったモチベーションにつながります。
私たちとしても治療計画を立てたり、治療を振り返るうえでの参考になります。
また、患者様のお口の中を直接みたことのない第三者(担当医以外の歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士)との情報共有のツールになり、より質の高い治療の提供につながります。

撮影時には患者様にお口を引っ張っていただいたりとご協力をお願いしております。
お口を大きく開けたり、大きな鏡がお口の中に入ったりと決して快適なものではないと思いますが、より良い治療のために今後ともご協力をよろしくお願いいたします。

安佐南区民祭り

安佐南区緑井のきよはら歯科クリニック、院長の清原です。

本日、安佐南区民文化センターにて安佐南区民祭りが催されました。

その一画で安佐歯科医師会による「無料歯科相談室」が設けられ、

今回私が午前の部の担当として出務してまいりました。

まずびっくりしたのは、お祭りの規模と参加者の多さ!

想像以上に大規模のお祭りでたくさんの方がいらっしゃり大盛況!

地元安佐南区の活気に嬉しくなりました。

さてその中で歯科相談をしたのですが、これまた想像以上にたくさんの相談者が

来られました。歯科に興味を持っていただきありがとうございます。

その相談の中で最も多かったのが、お子様の歯並びについてでした。

「前歯が乳歯の後ろからはえてきたけど大丈夫?」

「前歯がガタガタだけど大丈夫?」

「歯医者で矯正を勧められたけどした方が良いの?」

などなど。

みなさん、お子様のお口にしっかりと関心を寄せて心配されているんですね。

とてもいいことです!

ただやはり相談に来られるお子様のほとんどが、顎が小さく歯が並びきらない様子。

最近、顎の成長不足による叢生(ガタガタ歯並び)が多いんですよね。

そこで当院がおススメするのが「スマイル小児矯正」です。

成長不足の顎を広げて、正しい成長に追いつかせ、歯並び、咬み合わせのみならず、

お顔、呼吸、姿勢も正しく治しましょうというものです。

当ホームページでも小児矯正のご案内をしているのでご覧になってください。

http://www.kiyohara-dent.jp/services/kyousei.htmlスマイル小児矯正

早ければ5歳前後から開始することもあります。10歳前後には終了したい治療法なので

相談はお気軽にそして、お早めにいらしてくださいね!!

お祭りに参加された皆様、お疲れ様でした!

 

スタッフセミナー

こんにちは。安佐南区緑井にあるきよはら歯科クリニック歯科助手の松田です。

あっという間に10月になりましたね。今年ものこり後2ヶ月程ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は【スタッフセミナー】についてお話しさせていただきます。

スタッフセミナーとは、1ヶ月に2回診療が終わった後にスタッフが集まって、歯科に関する発表をしたり、練習したいことがあれば個人練習をしたり、より高い知識や技術を身につける時間です。診療中気になったことやどうしたらレベルアップ出来るかを先輩方やドクターに詳しく聞けるよい機会です。歯科に関する発表では、疑問に思っていたことやより深く知りたいと思ったことを調べて発表します。これらを通して、自分の足りないところを見つめ直すことができ、練習することによって日々の診療アシスタントもスムーズに出来るようになりました。

これからも皆様に愛されるクリニックになるよう、今後も努力して参ります。

 

セミナー報告

こんにちは、スタッフ教育に増々力を注いでおります安佐南区緑井きよはら歯科クリニック歯科衛生士の伊藤です。

先日、【スーパースタッフ育成塾】の第2回を受講して参りましたので御報告いたします。

この度は、第1回の内容を掘り下げるものでした。

人を育てるには、環境整備が一番大切であると言う事が、より理解できました。その環境とは、設備でもなく報酬でもなく人間そのものであると言うものでした。

新人を育てるには、その上の立場にある人が社会人として質の高いスキルを備えているかどうかに左右されるのだと感じました。

当たり前に挨拶ができ、無難に業務をこなすことができるだけでなく、小さな事にも感謝の念をもち、誰にでも労いの言葉をかける事ができ、いつも笑顔でいる事ができる(感情のコントロールができる)人、そして自分の仕事に責任を持ち積極的に働く気持ち(覚悟)を兼ね備えた人が、お手本であれば自然と新人が育つ環境が出来上がると言う事です。

当院には教育システムも有り、人間関係も良いので新人にも働きやすい環境では有ると思いますが、今回のセミナーを活かして、より一層充実した職場環境を作って行きたいと思いました。

もっともっと患者様には勿論、新人スタッフ達にも愛され、ここに来て良かったと言って頂ける歯科を目指して参ります。

あいうべ体操紹介

安佐南区緑井にあるきよはら歯科クリニックスタッフの大上です。

今回は老若男女全ての方にお勧めのお口の体操をご紹介します。お風呂・通勤中・ト

イレいつでもどこでもできる『あいうべ体操』です。鼻呼吸で免疫力アップ!!お口

の問題だけでなく、アトピー・喘息・花粉症・鼻炎など様々な免疫に関する病気が改

善される可能性があります。これを機会に試してみてはいかがでしょうか。

やり方は簡単!道具もいりません。

<あいうべ体操の基本的なやり方>

①「あー」と口を大きく開く。

②「いー」と口を大きく横に開く。

③「うー」と口を強く前に突き出す。

④「べー」と舌を突き出して下に伸ばす。

・できるだけ大げさに声は出さなくてもOK。

・一日最低30セット。アゴが痛む方は「いー」「うー」だけでも大丈夫。

舌の位置が改善されることで、様々な症状が改善していきます。「あー、いー、う

ー」は口輪筋を鍛える動き、「べー」は舌筋を鍛える動き、口輪筋と舌筋を効果的に

鍛え、最も簡単にできる動きが、「あいうべ」という四文字に集約されています。

口角がキュッと上がって若々しくなり、美肌や小顔など美容面でも効果が得られま

す。舌の先が前歯の裏に当たっていたり、舌の両側に歯型がついていたりする方は、

舌の位置が低下しています。

「あいうべ体操」で舌を理想的な位置にしていきましょう。継続することが大切で

す。

 

 

 

こんにちは(^_^)
広島市安佐南区にありますきよはら歯科クリニック受付・助手の久保井です。
最近、朝晩の気温がより一層低くなったように感じます。もうすっかり秋ですね。お昼と夜との温度差がありますが皆さま体調を崩されてないですか??

今回は、フッ素についてお伝えします。フッ素には主に3つの効果があります。

1つ目は、歯磨きで落としきれなかった汚れが作るむし歯の原因菌の働きを弱め、歯垢が作る酸の量を抑えます。

2つ目は、再石灰化の促進歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進させます。

3つ目は、歯の表面を酸にとけにくい性質に修復します。特に乳歯は軟らかいので歯質を強化させる必要があります。

 

当院では、お子様は3ヶ月に1度のフッ素塗布をおすすめしております。最近では、ほとんどの歯磨き粉にフッ素が入っていますが歯科で扱っているフッ素と違い濃度は低いです。当院では、ホームジェルといって歯科で取り扱っているフッ素より濃度が低く、ご自宅で安心して毎日使っていただけるものも販売しております。フッ素の味が苦手というお子様も、ホームジェルであればグレープやオレンジなどの味がありますので使いやすいと思います。ぜひご自宅でお試しください。

パンフレットもご用意しておりますので、いつでもお声がけください♩