舌清掃について

 

みなさんこんにちは。きよはら歯科クリニック歯科衛生士の藤井です😊

暑い日々が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?🍧まだまだ暑い日が続きそうなので、しっかり水分補給とエアコンを使用して熱中症にならないよう気をつけていきましょう!🙌🏻🌺🌴🏖

 

さて、先日メディアで「舌清掃の効果を検証」していました‼️

舌磨きをし、舌を綺麗に保つことで腸内環境が改善される!というものでした。

お口の中の悪玉細菌が舌磨きをしていない場合と比べて、舌磨きをしたところ減少していました。悪玉細菌とは、炎症性腸疾患・大腸ガンに関係する細菌です。

今回実践されていた方の9割が調査期間中に口腔ケアをきちんとした結果、善玉菌が増え、悪玉菌が減り、腸内環境が改善されており、お腹の調子が良くなった!!と答えている方が多くいました😊

そこで今回は舌磨きについてお伝えしようと思います!☺️

 

舌についた「白い苔のようなもの」の正体は、「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる汚れです。

舌苔の汚れは、舌に付いた様々な種類の細菌や古くなったお口の中の粘膜や食べかすなどの塊です!その為口臭の原因に!😲😲

✳舌の磨き方✳

舌ブラシで舌の奥の方から手前(舌先)に向かって軽くかきだします。決して力を入れないようにしましょう!!

⬇️舌ブラシ

 

 

 

 

 

 

また、往復で動かす事も良くないため、一方方向に舌ブラシを動かしましょう。回数は1~3回程度で十分です。

頻度は起床時やお食事後の歯磨きの際に一緒にするとより効果的です!🙌🏻🙌🏻

 

歯磨きと舌をしっかりお掃除してお口の中を清潔に保ちましょう✨🦷

分からないことがあればお気軽にスタッフにお声がけください😘

虫歯予防デー

こんにちは!

きよはら歯科クリニックの益岡です。

じめじめとした雨の日が続き、ついに梅雨入りしましたね 🐸☔

湿気に負けず、今日も元気に頑張りましょう 💪

 

6月といえば、虫歯予防デー です!

 

虫歯予防デーとは、

64日〜10日を歯と口の健康週間といい、歯や口の中の健康を見直す週間のことです。

厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会、日本学校歯科医会が実施している週間です。

この時期に学校などでも歯科検診が行われることが多くあります。

 

 

お子さんも大人の方も、虫歯は予防、早期発見早期治療が大切です!

 

 

きよはら歯科での定期検診では、

・虫歯、歯周病検査

・クリーニング

・歯磨き指導

など、充実した内容で行っています。

 

お子様の検診では、3ヶ月に1度フッ素塗布も行っています。

 

 

感染症予防に口腔ケアが重要であることも報告されています。

この時期だからこそ、お口の健康を見直すためにも、きよはら歯科クリニックで検診を受けてみてはいかがですか?

 

予約も受け付けておりますので、ご連絡くださいませ。

フロスの使い方について!

こんにちは!☀️­

きよはら歯科クリニック!歯科衛生士の本多です😊

コロナウイルスが拡散し、先が見えず不安に過ごされている方がほとんどではないでしょうか。

そしてこの時期だからこそお口のケアがとても重要なんです!☀️

歯ブラシだけでお掃除をするとプラーク(歯垢)除去率は60%程度です。取り残したプラークを放っておくと、歯周病や虫歯のリスクもぐっと上がってしまいます。

そこで大切なのが歯間ブラシやフロスなどの補助用具を使うことです!それらを使うことによって90%近くのプラークを除去することができます!使い方を知らない方もいらっしゃると思うのでお伝えします!

使い方のPOINT!!

1 上から見ると「く」の字形になるように歯面にピタッと押し当てます。

2 歯の側面に沿わせながら、ゆっくりと上下させてこすり、プラークをかき取ります。

入れる時は歯と歯の間にのこぎりの刃を小さく引くようにゆっくりフロスを挿入しましょう!

フロスは常にきれいな状態で使いましょう!

あくまでセルフケアです!この時期だからこそ定期検診もとても重要です!お口の中を清潔な状態に保ちコロナウイルスに負けず乗り越えましょう!

当院は4月29日(水)〜5月6日(水)まで休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします!🙇‍♀️

ゴールデンウィークはみんなで自粛し少しでも早くコロナウイルスが終息するようにおうち時間で乗り越えましょう!!1日でも早く元の生活に戻れますように💓

唾液検査

こんにちは安佐南区緑井きよはら歯科クリニック歯科衛生士の伊藤です😊
例年では、梅の花が満開に近付き春の足音を感じ、季節も心も暖かくなる頃ですが、今年は、思わぬ状況に置かれ心穏やかでない日々が続く中、皆様いかがお過ごしでししょうか
私共は、そんな折、多くの方々のご協力の下、無事に移転オープンにこぎつける事ができました。皆様に感謝です♥🙇                                       
 移転に伴い新しく唾液検査システム(シルハ)を 導入いたしました。                                                
従来の虫歯リスクだけでなく、一度で歯周病口腔乾燥のリスクまでがグラフ化されて検査結果ごとに、その方に合わせたアドバイスが文章で表記されます。                                                     

 

 

履歴は、PCで管理されますので過去の結果と比較や印刷ができる優れ物です。
詳しい事は、電話でも承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせくださいませ😊
新規のご予約の方は、歯周病に関する他の検査と合わせ受けられる事を、おすすめします。
今は、コロナ感染予防対策の為に、人混みを避けながらの生活を強いられますが、ちょっと道端の草花に目をやって一息つかれませんか?少しずつ春が近付いてるのを感じる瞬間があるかも…

 

 

まだまだ安心できない日々が続きそうですが、皆様、どうかご自愛くださいませ💕🤗

バクテリアセラピーについて

こんにちはきよはら歯科クリニックの谷口です。

寒さが身に染みる季節ですが、体調は崩されてないですか?

今は特に感染症が怖いので、手洗いうがい、マスクの着用という基本的な予防は徹底したいものです💦

お口の中も毎日の歯磨きやメンテナンスなどの「予防」が大切なのはご存知の方が多いと思いますが、

そんな予防のひとつに今日は「バクテリアセラピー」をご紹介します!✨

「バクテリア」というのは、細菌のことです。つまり、バクテリアセラピーは「細菌を使った予防・治療」という意味になります。

「善玉菌を取り入れて、病気を予防すること」なので、

ヨーグルトを食べておなかの調子を整える習慣も、広い意味ではバクテリアセラピーの一種といえます。

同じように、「口の中にいる善玉菌を増やし、虫歯菌・歯周病菌を減らす」というのが、お口におけるバクテリアセラピーです✨

当院でも取り扱っている「プロデンティス」は、優れた善玉菌(プロバイオティクス)によって口内菌のバランスを管理することで、お口だけでなく、全身の疾患の治療補完や予防につなげていきます。

母乳由来の天然プロバイオティクス「L.ロイテリ菌」を生菌のまま製品にしたものです。

タブレットになっていて、毎日11錠以上を目安にゆっくり舐めながら摂取していきます。

性別世代に関係なく、赤ちゃんや妊娠中の方などどなたでも安心してお使いいただけます☺️

毎日の予防に取り入れてみてはいかがですか?

気になる方は受付までお申し出ください😃

テペ歯ブラシ



あけましておめでとうございます

安佐南区にあります、きよはら歯科クリニックの助手の松田です。年が改まり、厳しい寒さの中にもすがすがしさが感じられる日々ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今回は新商品のテペ歯ブラシについてご紹介します。

テペ歯ブラシは歯科予防先進国のスウェーデンで生まれました。サイズは3種類でセレクトミニ(子供向け)セレクトコンパクト(女性向け)セレクト(男性向け)があります。当院では今までセレクトを使用していましたが、ブラシヘッドが小さいセレクトコンパクトのほうがお口が小さい方でも磨きやすくなるのでなくなり次第セレクトコンパクトに移行します。

右がセレクト 左がセレクトコンパクトです。

特徴としてはブラシヘッドが臼歯部にとどきやすいように先端が細めにデザインされていますまた、ペングリップ=鉛筆持ちがしやすいようになっています。力を入れすぎるとエナメル質を削ってしまい知覚過敏などを起こすことがあるので、鉛筆持ちをすることで余計な力が入りにくくなります。毛もソフトなので歯茎をマッサージしながら優しくブラッシングすることが可能です。柔らかいブラシが気持ちよくスタッフでも愛用している人がいますよ!色のバリエーションも豊富です。

セレクトは300円・セレクトコンパクトは280円で販売しております。質問等ございましたらスタッフまでお申し付けくださいませ。

思春期のお口のこと

こんにちは
木々が綺麗に色づき始めました🍂🍁
各地で秋🌾🌰を感じますね。
安佐南区緑井にありますきよはら歯科クリニック、濱田です。
 
 
私事で恐縮ですが、我が家の思春期の子供達が先日、歯科メインテナンスを受けました。
歯科衛生士の私は家で子供達の口を時々チェックしていますが、家庭の照明は暗くて口の中がハッキリ見えません。
歯科医院のチェアのライトは明るく奥歯までしっかり診てもらえるので安心です。
今回の結果も虫歯無し、歯の表面を器械でツルツルにしてもらいブラッシング指導を受けました。
当人達は気持ち良かったと大満足!
これからも歯磨きを頑張るそうです😁
幼い頃から定期的にメインテナンスを受けているお陰で、今まで一度も虫歯になったことはありません。
このまま健康な口腔を維持して欲しいものです。
 
思春期は歯科メインテナンスが
途切れがちになることをよく聞きます。私も母として反省するところです。
そこで!
 
《思春期の子供の生活をわかっておこう》
①身体も心も成長🙆することで大人の管理が及ばなくなる。
②口や身体のメインテナンスよりも関心事📖❤️に時間やエネルギー✨✨を費やす
③思春期になると生活環境⚽🏈🚴が変わり生活が忙しくなる。
④過去に身につけた習慣⏰は思春期に乱れやすくなる。

続きを読む

サイレントキラー歯周病

こんにちは安佐南区きよはら歯科クリニック伊藤です🤗
秋深まる中、体調管理が難しく感じておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか
私は、先月、リフレッシュとちよっとした運動を兼ねて徳島県の剣山へ登って参りました。

道中、急な坂や踏み外しかねない細い足元にハラハラしながらも沢のせせらぎに癒されて到達した頂上から見る、雲海へ太陽が沈んで行く美しさは圧巻でした。
山に登りたいなぁと時々思っては出かけるのですが、これは健康に恵まれているおかげだと感謝しております

もし、歯科の仕事に携わっていなかったら、これ程、口から全身の健康を考えながら生活していただろうか…と考える事があります。多くの人は内科的な部分だけを考えがちてすが、体は全て単独では考えられないという事を経験を重ねるごとに理解できて参りました。
足元がしっかりしている人は、おそらくお口の中も健康に保たれている事でしょう。
しっかり踏ん張るには、しっかりした歯が必要です。奥歯の欠損した人が、真っ直ぐ立てない検証をテレビで放映していたのを観た事があります。
お口の健康は、しっかり検査しなければは、わからない部分も有ります。
私どもは、年に一度の全体を映し出すレントゲン撮影(目視で確認できない骨の状態、顎関節、虫歯の進行の確認)と初診の成人の方全員に顕微鏡を使って菌の状態をリアルタイムで確認しております。目視やレントゲンで歯周病の進行が見られなくとも、予備軍を見つけて未然に進行を防ぐのが目的です。そして残念ながら既に進行している方でも、それ以上の進行をできるだけ遅らせる方法と対策を練ります。
まあ、これくらいなら我慢できるとか、私なら大丈夫…とか思ってらっしゃる方は要注意ですよ⚠️❗
サイレントキラーと言うと一番に頭に浮かぶのは、大抵の方は糖尿病ではないでしょうか?
しかし、今では歯周病もサイレントキラーと言われています。しかも、現在では糖尿病には歯周病が深く関わっている事が判りました。
しばらく歯科を受診なさっておられない方々、腰を上げられる事をおすすめします。
気温の変化が激しいおり、ご自愛くださいませ💕🤗

 

 

 

 

 

シーラントについて

みなさんこんにちは。

緑井にありますきよはら歯科クリニック 歯科衛生士の藤井です😊

やっと梅雨明けしましたね〜!🤩🤩雨の日々から解放です👏🏻👏🏻

さて 今回は 皆様1度は耳にされた事があるかもしれませんが シーラントについてお話します。

まず シーラントとは何かご存知ですか??

シーラントとは奥歯にある深い溝を封鎖する予防処置のことをいいます。主に生えて間もない6歳臼歯(第一大臼歯 6歳頃に生えてきます)や乳歯の奥歯に行います。

奥歯の溝は↑↑↑のように複雑な形をしていて、食べかすやプラーク(細菌の塊)がたまりやすい場所になっています🧐🧐

人によっては溝がとても深く 溝の奥に歯ブラシの毛の先が届かないことがあります😞

そして 奥歯の溝に食べかすやプラークが入り込んでしまいそのままの状態だと虫歯になってしまいます。

お子さんの場合、生え始めたばかりの歯は歯の質が弱く、虫歯になるリスクが非常に高いのでシーラントは特におすすめです❗️❗️

◎手順

①歯の表面を 清掃します

②シーラントの薬を取れにくくするために表面処理をします

③水洗 乾燥します

④シーラントを埋めます

⑤光で固めます

 

ですが シーラントを入れたからと言って虫歯にならない訳ではありません❗️❗️

あくまで奥歯の溝に対する虫歯予防なので 歯と歯の間に効果はないです。

歯と歯の間はフロス(糸ようじ)などを使ってしっかりお掃除することをお勧めします❗️😉

 

またシーラントは永久ではありません。噛んでいるうちに一部がはがれて はがれた所からむし歯になったりもします。

ですので シーラントを入れた後も定期的にお口の中のチェックは必要になります❗️

 

当院では お子様は3ヶ月に1回の定期検診をお勧めしております🦷🦷

 

興味がある方がいらっしゃいましたらスタッフにお気軽にお声がけ下さい😊

 

 

 

 

8020運動のすすめ

こんにちは。きよはら歯科クリニック歯科助手の伊達です。今年は例年より梅雨入りが遅いようで、水不足が心配ですね💦みなさま体調は崩されてないでしょうか❓

さて、今月6月4日〜6月10日は歯とお口の健康週間でした。今年の標語は「いつまでも 続くけんこう 歯の力」です🦷心身ともに健康でいるために歯が健康であることも大切な要素です。そこで、国や歯科医師会が取り組んでいる「8020運動」についてご紹介いたします😃

みなさま、8020(ハチマルニイマル)という言葉はご存知ですか❓8020は80歳で20本ご自分の歯が残っていることです🦷20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています😁

そのため「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めて1989年から始まった運動のことを「8020運動」といいます✨8020対象の方は、広島市が毎年開催している「8020」いい歯の表彰の推薦をさせていただいております㊗️11月8日(いい歯の日)前後に市役所の講堂にて表彰状と記念品の贈呈があるそうです🏢昨年は広島市で700名の対象の方がおり、123名授賞式に参加されたそうです😄

先日、当院に来院された患者様の中に83歳で29本ご自分の歯を健康に保っている方がいらっしゃいました✨この方は、4カ月に一回の定期検診には必ずいらっしゃっています🦷永久歯は親知らずを除き28本ありますが、なかなか20本残すことは、日頃からの意識が高くなければ難しいのではないかと思います🧐

いつまでも健康でいるためには、虫歯や歯周病の治療だけでなく、予防もかかせません✨あなたの将来の笑顔と自信をサポートするためにも定期検診をオススメしております😁