マウスピース矯正とデジタル印象 その➁

そしてあわせてデジタル印象・光学印象の勉強もしてまいりました。
従来の印象とは、ピンク色の粘土のようなものをお口の中に入れて歯型を取る方法でした。
嘔吐反射の強い患者さんにはとてもつらい時間ですよね…。
最近ではデジタル印象といって、カメラで口腔内を撮影して、それから
詰め物・かぶせものを作ったり、矯正装置を作ったりできるんですね。
つまり、あのおえっとなるつらい時間が少なくなるわけです。iTero Element(3Dスキャナ)

実は約10年前に当院でもデジタル印象の採用を検討したことがありました。
ただその時は、まだ開発されて間もなかったためか、できあがりの補綴物の精度がいまいちで、私には納得できるものではなかったので、時期尚早と判断し保留したんですね。
しかし、最近ではかなり精度が上がってきたと聞き、またマウスピース矯正との相性が非常に良いとの評判を聞き、再度検討してみようと、新しい情報を集めに勉強会に参加した次第であります。

たしかに10年前に比べ、カメラの精度、補綴物の精度はかなりあがってました。もちろん熟練の歯科技工士さん手作りのものにはかないませんが、この短時間でここまでできるか!というできばえです。

そして何より今回注目したのがマウスピース矯正との相性です。従来のマウスピース矯正ではシリコン印象材を使って、歯型を取り、そこから模型を起こし、技工所に送り、技工所で模型を切断し歯を理想の形に少しずつ並び替えてマウスピースをいくつも作製するといった、大変手間がかかり、また変形・ずれなどが起こりやすいという欠点がありました。

最新のマウスピース矯正では、まずお口の中をカメラで撮影し(デジタル印象)そのデータをそのまま技工所に送信し、そのデータからコンピューターで歯を理想の位置に動かすシミュレーションを行い、3Dプリンタで模型を作り、マウスピースを作製します。つまり

➀患者さんはおえっとなる型取りを何回もする必要がなくなる!(そのかわりカメラでお口の中を撮影します。)

➁変形・ずれがなくなり精度の高いマウスピースができるので、治療の確実性も高くなる!

③治療前にPCでシミュレーションを見ることができるので、治療後のイメージがわかりやすい!

ほんと、最近の技術の進歩は素晴らしいですね!そしてこのデジタル印象のシステムも現在、各メーカーからたくさんの種類が出ており、それぞれに特長があるので選ぶのも大変です。前回お話ししたいくつかのマウスピース矯正との相性、シミュレーション能力、実績などを考慮して、決めることとしました!

そしてその結果は・・・!?

To Be Continued…

マウスピース矯正とデジタル印象 その➀

こどもの歯科矯正にはまっている、院長の清原です。

5月から7月にかけて、

「アソアライナー」、「インビザライン」「スターアライン」

の3種類のマウスピース型矯正のセミナーに参加してきました。

現在、小児矯正に力を入れているきよはら歯科クリニックですが、
小児矯正が終わった後のさらに歯列を整えたり、大人の軽度叢生(ガタガタ歯並び)の矯正に使えるのではないかと思い、マウスピース型の矯正に非常に興味を持っております。

マウスピース矯正は今注目の矯正方法で、従来の針金のブラケット矯正と違い、

➀矯正をしていることが全く分からないほどの審美性

➁痛みが少ない

③取り外しが可能なので歯磨きがしやすい=虫歯になりにくい

などのメリットがあります。

しかし、一口にマウスピース矯正と言っても、アソアライナー、インビザライン、スターアラインなどなど、何種類もたくさんの治療法があるので、患者さんはもちろん、我々歯科医師にとっても何を選べばいいのか悩むところではあります。

そこで、今回、マウスピース矯正を始めるなら色々な方法を知ったうえで、治療の確実性、メーカーの信頼性、将来性、コストパフォーマンス、アフターケア、デジタル印象との相性などをふまえ、ベストな治療法を選択したいと思い、マウスピース矯正の中でも名前をよく聞く3つに絞り、受講してきたというわけです!

そして、その結果は・・・!?

To Be Continued…

 

笑気麻酔について②

こんにちは。広島市安佐南区緑井にあるきよはら歯科クリニック  歯科医師の村岡です。

毎日暑いですねι(´Д`υ)
個人的なことですが・・・夏本番に向けて本格的にダイエットを
始めました!
お手本は当院の院長です!いつも色々な情報を頂いております。
院長のストイックさにはかないませんが、少しずつ結果が出てきて
楽しんでいます。
院長のダイエットブログも是非ご覧下さい(@^^@)/

さて、本日のテーマは笑気麻酔についてです。
笑気麻酔とは?については以前副院長から紹介がありました。http://www.kiyohara-dent.jp/blog/?p=471

当院が笑気麻酔を導入してから1年半ほどが経ちますが、今まで
歯科での治療が怖くて仕方がなかった患者様、嘔吐反射(お口の中を触られると
吐き気を催すこと)の強い患者様
など、使用した多くの患者様に気に入って
いただけてとても嬉しいです。

中には笑気麻酔ができるからという理由で当院に来て下さるように
なった患者様もいらっしゃいます。

ただ、実際笑気麻酔ってどうやってするの?と疑問に思われる方も
いらっしゃると思うので、笑気麻酔の流れを簡単に説明しますね。

こちらが当院で使用している笑気吸入装置です。

手順としては
①笑気吸入装置につながった専用のマスクを鼻に乗せます。
②鼻で呼吸し、ガスを吸入しはじめます。
③数分で効果があらわれます。
④ガスを吸入しつづけながら治療を開始します。
⑤治療終了後マスクを外して自然呼吸に戻してフラフラしたり気分が悪かったりしないことを確認して帰宅となります。

笑気麻酔を受けた患者様の感想として多いのが
ぼーっとした
手足がぽかぽかした
音が遠くに聞こえた
ほろ酔い気分だった
などです。
中には字のごとくにこにこと笑うお子様もいらっしゃいます(´v`)
ただし、全身麻酔と違って笑気麻酔の場合は治療中も意識があり、
歯科医師との会話もできますし、治療中の記憶も残ります。

何はともあれ、百聞は一見にしかずなので気になる方は気軽に聞いて
くださいね。

 

 

床矯正症例報告会参加in福岡

こんにちは( ^ω^ )

きよはら歯科クリニック 副院長の神人です🌜 

本日は院長と2人で

床矯正症例報告会

に参加して来ました‼️

当院で行なっている

スマイル小児矯正について学んで来ました( ^ω^ )

講師は花田真也先生です。

いろんな先生の発表がとても勉強になり、また明日からの診療にやる気が湧いて来ました💪

眠気防止の為に1番前に座りました(笑)

矯正治療はなかなか上手く進まないこともありますが、大好きな子供達の未来を考えると本当に大切な治療だと思っています。

矯正治療=お金がかかる💰

ということではなく、毎日の食生活改善だけでも良くなる子もいます( ^ω^ )

なので、

『うちの子の歯並びはどうなんだろう』

と思われたら早めの検診、具体的には5〜6歳くらいでの検診をオススメします。

ちなみにいつも当院の矯正装置を作って下さっている

NAOデンタルラボラトリー

代表の宮本 直樹さん

が、院長に似てるとの話を以前から聞いていたのですが今日のセミナーにいらっしゃっていたので写真を撮らせていただきました( ^ω^ )

2人とも目力👀👁がすごい‼️

宮本さんありがとうございます❗️

すごく紳士でカッコ良かったです( ^ω^ )

パワーもらったので広島帰ってまた明日からしっかり頑張りたいと思います‼️

それではまた。

 

 

 

顎顔面矯正セミナー

こんにちは( ^ω^ )

きよはら歯科クリニック副院長の神人です。

いよいよCSが始まりましたね!

去年のことがあるのでどっちが来てもドキドキしますが、今年こそ日本シリーズに行ってカープが日本一になって欲しいです( ^ω^ )💕

さて、昨日から2日間にかけて大阪にて『顎顔面矯正セミナー』ベーシックコースに参加しております!

ベーシックコースとは言え、なかなかハイレベルで分からないこともたくさんありますが非常に勉強になりました。

きよはら歯科に来てくれる子供達がみんな健康に育ってくれるように、しっかり勉強してお父さんお母さんに子供達の正しい成長についてお伝え出来たらなと思っております。

学ぶ機会を与えてくれた院長に感謝して、また明日から頑張ります‼️

リットレメーター

みなさんこんにちは 。

安佐南区緑井のきよはら歯科クリニックの益岡です。

 

朝晩の気温がどんどん低くなってきています (><)

体調管理もしっかりしたいものですね。

 

 

さて今回は、口の周りの筋肉のトレーニング器具

リットレメーターについてお伝えします !

 

リットレメーターとは、口の周りの筋肉の引っ張り強さの測定トレーニングができるものです。

本体部とマウスピース部に分かれています。

本体部を持ち、マウスピースを唇にくわえ、できるところまで引っ張ります。

本体部に目盛りがついているので、ここを見ていきます。(単位はkgです)

2kg以上を10秒間キープできるくらいの力が理想です。

私もやったことがありますが、結構しんどいです (・・;)

 

トレーニングするときは、マウスピース部だけを使い、リング部を持って引っ張ります。

まっすぐだけでなく、上下や左右に動かすとより効果的です。

地道なトレーニングですが、これで口の周りの筋肉が鍛えられポカン口やほうれい線などを予防・改善することができます。

 

当院では、スマイル小児矯正をするお子様にお話しし、実践していただいています。

 

 

継続は力なり !

頑張ってみましょう !

チャイルデント養成講座

2018/4/8にMFA主催の保育士&歯科医師コラボレーションセミナー
チャイルデント養成講座」に参加しました。

MFAとは、ざっくり言えば食事だけでなく、夜間の呼吸(いびきや睡眠時無呼症候群など)にも注目した全身の健康を考えた咬合についての研究会です。

今回のセミナーは保育士さんとのコラボという事で、子供の成長発育と口腔の関係に焦点を当てたお話でした。

日本子ども・子育てネット事務局長 ならびに 山東こども園園長 村上千幸先生と

生田歯科医院 副院長 藤原康生先生がお話をしてくださいました。(ちなみに生田歯科の生田院長は当院でも取り入れている歯周内科治療の生みの親でもあります)

普段聞くことができない、保育士さんの現場の声を聴かせていただき、とても勉強になりました!!

MFAの考え方は、床矯正や顎顔面矯正とも非常にリンクしております。
要は、歯列不正は顎の成長不足から来ており、
顎の成長不足は、歯並びだけでなく、呼吸や、身体の健康にも大きな影響を及ぼすということです。

ではなぜ顎の成長不足は起こるのでしょうか?
噛み応えのあるものをしっかり噛んでいないからです。
それは哺乳期からすでに始まっています。
飲みやすい哺乳瓶、食べやすい柔らかすぎる離乳食、
子供が食べやすいように小さく切ったり、軟らかく煮こんだりというお母さんの優しさ…
実はこれらが、逆に顎の成長を阻害しているのです。

では、どうしたらいいのか?
顎を正しい大きさに拡大して、歯並び、咬み合わせ、呼吸を整えていきましょう
という事なんですね。
子供向け治療法が床矯正や顎顔面矯正
大人向け治療法がMFAと思っていただけたらいいです。

できれば子供のうちに予防するのが一番なので、
5,6歳になれば歯並びチェックを受けましょう!

修了書もいただきました!

親知らずについて

こんにちは。安佐南区緑井にあるきよはら歯科クリニック 歯科医師の村岡です。
長かった猛暑も終わり、ようやく過ごしやすい季節になってきましたね。

突然ですがみなさんは自分のお口の中に親知らずがあるかどうか知っていますか。
当院に来院されている患者様でもご自身の親知らずの本数を把握されている方は少ないです。
今回は親知らずを放置しておくとどんな影響が出てくるかについてお伝えしたいと思います。

親知らずは元々食べ物をすり潰す第三大臼歯として機能していました。
しかし人間が柔らかいものを食べるようになるにつれてその必要性がなくなってきました。
現代において親知らずが4本きちんと生えていることは少なく、横向きや斜めになった親知らずが顔を出さずにもぐってしまっていることもあります。
そうすると・・・
・親知らずの周りの歯茎が炎症を起こしやすく虫歯にもなりやすくなる
・手前の歯にいたずらに応力がかかり歯列が乱れる
・本来あるべきでないところに位置しているために頭蓋骨に悪い刺激を与え頭痛や視力の低下を招く
などの悪影響が出てくる可能性があります。
こういったことから横向きや斜めに生えている親知らずは抜歯することをおすすめしています。
気になる方は遠慮なく聞いてくださいね。

 

乳歯の生え変わり

こんにちは❗️

きよはら歯科クリニックの副院長 神人です。

昨日は、カープ残念ながら負けてしまいましたね(´-`)

今年は広島は大変な災害に見舞われたので是非とも日本一⚾️になって欲しいところですよね。

また暑さも少し和らいできて体調はいかがですか?

暑がりの私にはありがたいです。

さぁ今日は乳歯の生え変わりについてお話ししますね( ^ω^ )

乳歯は下の前歯から生え変わることが多く、年長さんから遅い子でも7歳までには生え変わりが始まります。

その時に永久歯が乳歯の後ろから生えてくることがあります。

こんな感じです。

こういう生え方をしてきたら要注意です。

自然には乳歯が抜けない可能性が高いのと歯並びにも影響があることが多いので受診をオススメします( ^ω^ )

ちなみに乳歯の抜歯は全く痛くないですので怖がりの子でもお任せ下さい。

ちなみに最近は

下の歯は屋根に、上の歯は埋める

は少数派になったみたいですね( ^ω^ )

抜けた歯は記念に持って帰られるお母さんがほとんどです。

それではまた。

受け口について

こんにちは、安佐南区緑井にあるきよはら歯科クリニック 歯科医師の村岡です。
梅雨が明けて暑い日が続きますね!
もう夏休みまでのカウントダウンを始めているお子様もいらっしゃるのではないでしょうか。
夏休みに入るとやはりお子様の患者様が多くなります。
その中には『受け口が気になる』と保護者の方が心配して来院されるケースも少なくありません。

ここで“受け口”と聞いてどのような口元を想像されますか?

アントニオ猪木さんやジャイアント馬場さんは今でもいわゆる“しゃくれている人”の代表例として挙げられることが多いのですが、このお二方は非常に極端な例です。
意外にも日本人に受け口は多く、また現代の子供の間では増加傾向にあります。

受け口(反対咬合)の定義を簡潔にすると『下の前歯が上の前歯を覆っている箇所が3か所以上ある咬み合わせ』のことです。

反対咬合は見た目だけでなく様々な機能障害を引き起こすため、早期の治療がとても大切になります。

また反対咬合には遺伝的な要因があるとされています。
上の写真はある親子のお口です。
“うちの子、受け口?”と思ったら、是非ご両親、祖父母様のお口もチェックしてみて下さい。

何か気になることがあれば是非ご相談くださいね。