入れ歯づくりが大好きな、きよはら歯科クリニックの院長・清原です。

先日、総義歯(総入れ歯)のセミナーin大阪に参加してきました。

今までに、総義歯の高名な先生方のセミナーに参加してきたので、しばらく総義歯の勉強はお休みしていました。
しかし今回、新進気鋭の若手の総義歯専門医によるセミナーという事で、初心に戻るつもりで参加してきました!

今までセミナーの講師と言えば、私より年上が当たり前だったので、年下の講師という事に、自分が年をとった事に対する抵抗感と負けず嫌いからくる多少の反発心がありました(笑)
しかし、実際セミナーを受けてみると、さすが総義歯専門医という事もあり、総義歯に対して非常に熱心に取り組んでおられ、新たに勉強になる事が沢山ありました。学ぶ事に年齢など関係ありませんね。

今後、どんどん私より若い先生がセミナー講師として活躍される事と思いますが、変なプライドは捨てて、謙虚に学ぼうと感じた良い機会でもありました。

今回のセミナーにより、きっと、きよはら歯科クリニックの「入れ歯」もさらにレベルアップしたことと思いますのでご期待ください!

 

ピカッシュって何!?

皆様の健康寿命を考える、安佐南区緑井のきよはら歯科クリニック 院長の清原です

突然ですが、ピカッシュってご存知ですか?
ピカチュウでもスカッシュでもありません。・・・知らないですよね。

歯医者の中でもまだそんなに認知度は高くないかもしれません。

入れ歯、マウスピース、矯正装置を使用されたことのある方は、経験があるかもしれませんが、ずっと使っていると、においやぬめり、歯石などの汚れが付きやすくなります。

あの嫌なにおいやぬめりの原因は細菌なんです。歯石にも細菌は付着しています。
たとえば細菌が繁殖した、汚れだらけの入れ歯をつけているとどうなるでしょうか?

肺炎は、現在日本人の死亡原因第3位です。
そのうち、80歳代の約8割、90歳以上では9.5割以上が誤嚥性肺炎と報告されています。
誤嚥性肺炎とは、唾液や飲食物など、本来食道に入っていくものが、
誤って肺の中に入り(誤嚥)、細菌が繁殖する事で引き起こされます。

入れ歯やお口の中を清潔にしておかないと、お口の中が細菌でいっぱいになり、
誤嚥性肺炎を起こしやすくなると言われているのです。

今までその予防のためには、毎日入れ歯をきれいに磨き、義歯洗浄剤につけるようにと言われてきました。
でも、洗ってきれいにしてもお口の中に入れると、またすぐ細菌が繁殖してしまいます。

そこでピカッシュの出番です!
簡単に言えば入れ歯や、マウスピース、矯正装置など、
お口の中に入れる装置に、抗菌コーティングを施すことによって、
装置そのものに抗菌作用を持たせ、細菌の繁殖を防ぐことができるんですね!!

1度のコーティングで約3ヶ月効果が持続すると言われています。
定期検診で、お口の中のクリーニングと、入れ歯やマウスピースなどをピカッシュするのがおすすめですよ。

当院ではいち早くピカッシュを導入しております。
入れ歯や、マウスピース、矯正装置など、いつも清潔に気持ちよく使用したい方は
ぜひご相談ください!
詳しくは  http://pikasshu.jp/  まで