床矯正症例報告会参加in福岡

こんにちは( ^ω^ )

きよはら歯科クリニック 副院長の神人です🌜 

本日は院長と2人で

床矯正症例報告会

に参加して来ました‼️

当院で行なっている

スマイル小児矯正について学んで来ました( ^ω^ )

講師は花田真也先生です。

いろんな先生の発表がとても勉強になり、また明日からの診療にやる気が湧いて来ました💪

眠気防止の為に1番前に座りました(笑)

矯正治療はなかなか上手く進まないこともありますが、大好きな子供達の未来を考えると本当に大切な治療だと思っています。

矯正治療=お金がかかる💰

ということではなく、毎日の食生活改善だけでも良くなる子もいます( ^ω^ )

なので、

『うちの子の歯並びはどうなんだろう』

と思われたら早めの検診、具体的には5〜6歳くらいでの検診をオススメします。

ちなみにいつも当院の矯正装置を作って下さっている

NAOデンタルラボラトリー

代表の宮本 直樹さん

が、院長に似てるとの話を以前から聞いていたのですが今日のセミナーにいらっしゃっていたので写真を撮らせていただきました( ^ω^ )

2人とも目力👀👁がすごい‼️

宮本さんありがとうございます❗️

すごく紳士でカッコ良かったです( ^ω^ )

パワーもらったので広島帰ってまた明日からしっかり頑張りたいと思います‼️

それではまた。

 

 

 

チャイルデント養成講座

2018/4/8にMFA主催の保育士&歯科医師コラボレーションセミナー
チャイルデント養成講座」に参加しました。

MFAとは、ざっくり言えば食事だけでなく、夜間の呼吸(いびきや睡眠時無呼症候群など)にも注目した全身の健康を考えた咬合についての研究会です。

今回のセミナーは保育士さんとのコラボという事で、子供の成長発育と口腔の関係に焦点を当てたお話でした。

日本子ども・子育てネット事務局長 ならびに 山東こども園園長 村上千幸先生と

生田歯科医院 副院長 藤原康生先生がお話をしてくださいました。(ちなみに生田歯科の生田院長は当院でも取り入れている歯周内科治療の生みの親でもあります)

普段聞くことができない、保育士さんの現場の声を聴かせていただき、とても勉強になりました!!

MFAの考え方は、床矯正や顎顔面矯正とも非常にリンクしております。
要は、歯列不正は顎の成長不足から来ており、
顎の成長不足は、歯並びだけでなく、呼吸や、身体の健康にも大きな影響を及ぼすということです。

ではなぜ顎の成長不足は起こるのでしょうか?
噛み応えのあるものをしっかり噛んでいないからです。
それは哺乳期からすでに始まっています。
飲みやすい哺乳瓶、食べやすい柔らかすぎる離乳食、
子供が食べやすいように小さく切ったり、軟らかく煮こんだりというお母さんの優しさ…
実はこれらが、逆に顎の成長を阻害しているのです。

では、どうしたらいいのか?
顎を正しい大きさに拡大して、歯並び、咬み合わせ、呼吸を整えていきましょう
という事なんですね。
子供向け治療法が床矯正や顎顔面矯正
大人向け治療法がMFAと思っていただけたらいいです。

できれば子供のうちに予防するのが一番なので、
5,6歳になれば歯並びチェックを受けましょう!

修了書もいただきました!

ますだ歯科へ医院見学

先日、(といっても4月の事ですが)大阪府堺市のますだ歯科さんへ医院見学にお邪魔してきました。

ますだ歯科の桝田先生とは、2年前床矯正スタンダードコース第1期生として出会い、
昨年の顎顔面矯正セミナーで再び出会い、よく聞いてみると私の大学時代の友人ともつながりがあって仲が良かったという、不思議なご縁が重なり意気投合して、最近仲良くしていただいている先生です。

桝田先生は、大変な勉強家でいつも日本中を飛び回ってセミナーに参加しています。
また医院の規模も大きく(当院の2,3倍くらいかな)、たくさんのスタッフを抱え、スタッフ教育にも熱心に取り組んでいらっしゃるので、同年代ながらも、とても刺激を受け、尊敬をしている先生です。

そして今回、ご縁あって医院見学をする機会をいただきました。
専属で案内していただいた中村さん、ご丁寧に色々解説いただきありがとうございました!
代診の清原先生、同姓の歯科医師に会うのは初めてだったので妙に親近感わきました!
スタッフの皆さん、突然の訪問に関わらず、快く迎えていただきありがとうございました!
そして、桝田先生、医院の運営の仕方、スタッフとのかかわり方など色々と為になるお話をありがとう!

非常に刺激を受けて、モチベーションアップしました。
きよはら歯科クリニックをより良くするために、これからも頑張ります!

床矯正よろずセミナー参加

こんにちは。

        副院長の神人です。

今日は名古屋にて床矯正のよろずセミナーに院長と2人で参加しております( ^ω^ )

      講師は花田 真也先生です。

とても為になる講演で、

いま矯正治療中で悩んでいる子の症例相談もしていただきました。

他に参加されている先生方もとても

熱いパワーの方ばかりでまたやる気が湧いて来ました。

 

歯科衛生士さんや助手の方も症例相談されていました。

負けないようにひつまぶし食べて帰って明日から頑張ります❗

新人セミナー

新人教育に頑張っている、きよはら歯科クリニック院長の清原です。

5/16に新人スタッフ4人と共に、歯科医院新人スタッフ研修in大阪に参加してまいりました!

みんな一生懸命勉強してましたよ。

周りを見回すと女性だらけで、院長とおぼしき男性は数名程度(^_^;)

アウェイ感たっぷりでしたが、全国から集まったフレッシュな女の子に

囲まれながら、初心に戻って私も勉強してきました。

新人4名の、これからの活躍ご期待ください!

 

顎顔面矯正ステップアップセミナー

最近、小児矯正にはまっている、広島市安佐南区緑井のきよはら歯科クリニック、 院長の清原です。

2月17、18日と2日間にわたって、東京にて「顎顔面矯正ステップアップセミナー」を受講してきました。

昨年8月から11月にかけて「顎顔面矯正ベーシックセミナー」を受講したのですが、 今回のセミナーはベーシックコースを受講した人向けの、文字通りさらにステップアップを目指すセミナーでした。

ベーシックコースでは伝えきれなかった内容や、ちょっとしたコツなど、実践に即した内容で、講義あり、実技ありと、とても濃厚で充実した2日間でした!

顎顔面矯正のセミナーに参加していつも思うのが、インストラクターの先生方が、非常に熱心で、優しく丁寧に教えてくださるんです。そして皆さんとても仲が良く、楽しい雰囲気で受講できます。

子ども達の健康を守るという、同じゴールに向かっている一体感がひしひしと伝わってきます。

実はこれ、私が所属する床矯正のグループにも共通しています。

床矯正も、顎顔面矯正も、手法は違えど、子供たちの健康を願う気持ちは一緒なんだなあと思いました。最近改めて、このような治療法に出会えて良かったとしみじみ感じています。

私も、床矯正や顎顔面矯正を通して、子供たちの笑顔と自信のサポートができるよう、これからも頑張ります!!

追伸

「顎顔面矯正」については、現在ホームページにも記載しておらず、ブログでも初登場でしたので、なんだそれって感じですよね。簡単に言えばスマイル小児矯正』の中で取り扱う、矯正方法の一つで、なるべく非抜歯で、顎を広げて、歯を並べると同時に呼吸や姿勢も良くする矯正法です。今後、その内容について徐々に紹介していこうと思いますので、ご期待ください!

 

 

 

誕生日ありがとう!

1月27日は、私、院長の誕生日でした。

スタッフのみんなから、心温まる寄せ書きとケーキをいただきました!!

最近は年齢のせいか、身体をいたわるメッセージが増えてきました(笑)

健康に気を付けて頑張ります!

きよはら歯科クリニックのスタッフは、

優しくて、チームワークがよくて、頑張り屋さん達ばかりです。

いつも、良いスタッフに恵まれて幸せだなあと感謝しています。

歯科医の友人に自慢すると、羨ましがられるんですよ。

みんな、ありがとうね!!

ちなみに、何歳になったかは下の写真のろうそくの数から推理してくださいね(笑)

安佐南区民祭り

安佐南区緑井のきよはら歯科クリニック、院長の清原です。

本日、安佐南区民文化センターにて安佐南区民祭りが催されました。

その一画で安佐歯科医師会による「無料歯科相談室」が設けられ、

今回私が午前の部の担当として出務してまいりました。

まずびっくりしたのは、お祭りの規模と参加者の多さ!

想像以上に大規模のお祭りでたくさんの方がいらっしゃり大盛況!

地元安佐南区の活気に嬉しくなりました。

さてその中で歯科相談をしたのですが、これまた想像以上にたくさんの相談者が

来られました。歯科に興味を持っていただきありがとうございます。

その相談の中で最も多かったのが、お子様の歯並びについてでした。

「前歯が乳歯の後ろからはえてきたけど大丈夫?」

「前歯がガタガタだけど大丈夫?」

「歯医者で矯正を勧められたけどした方が良いの?」

などなど。

みなさん、お子様のお口にしっかりと関心を寄せて心配されているんですね。

とてもいいことです!

ただやはり相談に来られるお子様のほとんどが、顎が小さく歯が並びきらない様子。

最近、顎の成長不足による叢生(ガタガタ歯並び)が多いんですよね。

そこで当院がおススメするのが「スマイル小児矯正」です。

成長不足の顎を広げて、正しい成長に追いつかせ、歯並び、咬み合わせのみならず、

お顔、呼吸、姿勢も正しく治しましょうというものです。

当ホームページでも小児矯正のご案内をしているのでご覧になってください。

http://www.kiyohara-dent.jp/services/kyousei.htmlスマイル小児矯正

早ければ5歳前後から開始することもあります。10歳前後には終了したい治療法なので

相談はお気軽にそして、お早めにいらしてくださいね!!

お祭りに参加された皆様、お疲れ様でした!

 

ピカッシュって何!?

皆様の健康寿命を考える、安佐南区緑井のきよはら歯科クリニック 院長の清原です

突然ですが、ピカッシュってご存知ですか?
ピカチュウでもスカッシュでもありません。・・・知らないですよね。

歯医者の中でもまだそんなに認知度は高くないかもしれません。

入れ歯、マウスピース、矯正装置を使用されたことのある方は、経験があるかもしれませんが、ずっと使っていると、においやぬめり、歯石などの汚れが付きやすくなります。

あの嫌なにおいやぬめりの原因は細菌なんです。歯石にも細菌は付着しています。
たとえば細菌が繁殖した、汚れだらけの入れ歯をつけているとどうなるでしょうか?

肺炎は、現在日本人の死亡原因第3位です。
そのうち、80歳代の約8割、90歳以上では9.5割以上が誤嚥性肺炎と報告されています。
誤嚥性肺炎とは、唾液や飲食物など、本来食道に入っていくものが、
誤って肺の中に入り(誤嚥)、細菌が繁殖する事で引き起こされます。

入れ歯やお口の中を清潔にしておかないと、お口の中が細菌でいっぱいになり、
誤嚥性肺炎を起こしやすくなると言われているのです。

今までその予防のためには、毎日入れ歯をきれいに磨き、義歯洗浄剤につけるようにと言われてきました。
でも、洗ってきれいにしてもお口の中に入れると、またすぐ細菌が繁殖してしまいます。

そこでピカッシュの出番です!
簡単に言えば入れ歯や、マウスピース、矯正装置など、
お口の中に入れる装置に、抗菌コーティングを施すことによって、
装置そのものに抗菌作用を持たせ、細菌の繁殖を防ぐことができるんですね!!

1度のコーティングで約3ヶ月効果が持続すると言われています。
定期検診で、お口の中のクリーニングと、入れ歯やマウスピースなどをピカッシュするのがおすすめですよ。

当院ではいち早くピカッシュを導入しております。
入れ歯や、マウスピース、矯正装置など、いつも清潔に気持ちよく使用したい方は
ぜひご相談ください!
詳しくは  http://pikasshu.jp/  まで

院長紹介!?

まずは、記念すべきブログ第一弾として、院長・清原真太郎の自己紹介をします!
せっかくなのでHPには載っていない裏の顔?を紹介しますね。
私は、生まれも育ちも広島市安佐南区緑井で、生粋の緑井っ子でございます。
私が幼い頃、この緑井はいたるところに、畑やたんぼ、竹林などがあり、
今とは違い、それはそれはとても自然豊かな所だったんですよ。
清原少年は、川に入ってザリガニや魚をとったり、山に入ってカブトムシをとったり、
原っぱでカマキリやバッタを捕まえたりと、大忙しでした。
そんなある日、夕方五時の夕焼け小焼けのチャイムにせかされた私は、
大急ぎで自転車をこいで家に帰っていました。
あともう少しで家につくと思ったその瞬間、カーブを曲がり切れず、
自転車ごと八木用水(当時は新川と呼んでいた気がします)にダイビング!
親切な周りのお家の人たちに助けられ、なんとか無事家にたどり着きました。。。
その時私が思ったのは、川に落ちたショックより、
夕焼け小焼けのチャイムが鳴り終わる前に家に帰れなかった!母親に叱られる!
という事だったのを35年たった今でも鮮明に覚えています…(笑)
初回から、歯医者と全く関係のないどうでもいい話ですみません。
こんな感じで、ときにゆるーく、ときに真面目に書いていけたらいいなと思っています。